電験過去問をどう使う?|電験3種

電験3種 勉強方法,電験過去問

 

電験3種の合格率10パーセント前後という現状では、要領よく的確な勉強法を
確率している人が少ないことは言わずと知れたことです。

 

電験に限ったことではないでしょうが、資格試験勉強といえば
ただ闇雲に参考書を読み、そして問題集を解いていくということが
一般的な資格試験勉強ですね。

 

もっとやる気がある人!?なら、何万、何十万円もするセミナーや講習会に参加し、
お金をひたすらドブに捨て続けています。

 

試験に合格できるという何かの催眠に取りつかれたかのごとく、普通に考えれば、2〜3日の講習で合格できるほど甘い資格でないことは、ちょっと冷静になって考えれば分かることなのですが、皆さん変に何かを期待してしまうようです。

 

講習費用が高ければ高いほど期待してしまうのですね。

 

業者にしてみれば、まさにカモネギ状態なわけです。
そして、10人に1人が合格という現状。

 

 

ただひたすら日々参考書とにらめっこし、問題集を解き時間を無駄にし続けているのです。
電験に合格した私のやり方を教えます。

 

電験3種にたった1冊の問題集を使って一発合格した私のやり方
ちなみに学習期間は4ヶ月ほどです。

 

数学が苦手な人のための電顕3種の勉強法はこちら